OUR STORYブランドストーリー

ブランドストーリー

ハンデルスべーゲンは
2011年に京都で生まれました。
今は横浜市の青葉台にアトリエを移し、
オンラインでの販売を中心に営業しています。

OUR STORY

ハンデルスベーゲンという名前は、
オーナーが子供時代に住んでいた
スウェーデンの通りの名前
「handelsvagen」から拝借しました。

OUR STORY

スウェーデン語で
「handels=商人」「Vagen=通り」という意味で、
「響きがかわいいよね」という単純な理由で
名づけた後にわかったのですが、
「handels」という単語の中にある「hand」は
英語の「hand=手」と同じ語源で、
「商売とは手から手へと受け渡されていくもの」
と言うことから来ている言葉なのだそうです。

偶然ではありますが、我々が
アイスクリーム作りにおいて一番大事にしている、
「手づくり」の「手」がすでに
名前に入っていたことに、
縁や責任のようなものを感じています。

OUR STORY

自分が子供の頃にスウェーデンで食べた、
あの濃厚で美味しかったアイスクリームを
みなさまに食べてもらいたい。
どうせ食べるなら、本当に美味しい
アイスクリームを食べたい・食べさせたい。
これがハンデルスベーゲンを
始めるきっかけでした。

OUR STORY

ふと世の中を見てみると、
大量生産のアイスクリームばかり。
大量生産のアイスクリームは、
安定した味や気軽さ、
そして安価な値段が魅力ではありますが、
そうでないものだってあっても良いのでは?

大量生産ではどうしても実現できない、
濃厚だけど軽い後味のアイスクリーム。
人工の香料では出せない、
本物の果物の胸のすくような香り。

OUR STORY

わたしたちはそんなアイスクリームを、
日々、真面目につくっています。